妊活マン ー令和の子作りー

男目線で不妊治療を綴ります

アメリカ妊活・不妊治療

アメリカで日帰り手術とジンジャエール【子宮ポリープ切除】

不妊治療を受けるにあたって最初のスクリーニング検査で子宮ポリープが見つかりました。これが(も)原因だったのだろうか。過去に調べたかどうかもあいまいだったので、年齢とともに出てきたのか、いつからあったのか不明ですが、治療を進めるために手術を…

アメリカで着床前診断を受けた不妊治療経験者の思うこと、費用などなど

2020年の日本ではまだ臨床研究段階の着床前診断を、アメリカで受けたので、その経験をシェアしたいと思います。詳しく調べれば色々情報が出てくると思いますので、ここでは検査について私の理解した範囲のことと、実際の体験談を綴ります。 着床前診断とは …

アメリカで不妊治療(体外受精)。排卵誘発~採卵~胚移植、結果判定までをゆっくり振り返ってみた。

あとから振り返ってみると、体外受精のための準備の時期は慌ただしくあっという間に過ぎ去って行きました。全体の流れはこちらにまとめたので読んで頂ければ幸いです。今回はもう少し詳細に振り返ってみたいと思います。 排卵誘発 採卵 胚移植 結果判定(採…

アメリカで精液検査してきた

わざわざ「アメリカ」ってつけましたけど、基本的な内容は日本と変わりません。 基本以外の、日本との違いについて気付いたことをシェアしたいと思います。 アメリカの精液検査! Wifeにassistしてもらう場合の注意点がある 潤滑剤が必要なら教えてね 部屋は…

アメリカの不妊治療(体外受精)でかかった費用 2020年

アメリカ、ニューヨーク州で体外受精をしました。 州や保険によって事情は違うと思いますが、かかった費用をまとめたので、参考にしていただければ幸いです。 体外受精(保険適用)(1回):1100ドル!! 着床前診断(希望者のみ):2710ドル 子宮ポリープ切除…

アメリカで受けた不妊治療(体外受精)のまとめ。全体の流れ。私たちの経験談を綴ります。

2020年に、アメリカで不妊治療(体外受精)を経験し、幸いにして妊娠に至ることができました。 州や施設によって状況は変わると思いますが、一つの経験談として読んでもらえれば幸いです。 治療の流れと、全体のまとめをここに記したいと思います。 アメリカ…

アメリカで不妊治療外来の予約を取る

かかりつけからの紹介が必要 一度かかりつけができるとオンラインでメッセージのやり取りができた でも新患予約は電話が必要だった かかりつけからの紹介が必要 日本では比較的自由に受診ができますが、アメリカでは専門病院は直接受け入れをしてくれません…

アメリカで妊活。女性用サプリと注意点。これは男性も知っておくべき!

妊活には必須のサプリメントがあります。私たちがアメリカで購入したものを紹介しつつ、注意点について綴っておきたいと思います。* 2020/10/5 新たに④のサプリとDHAを追記 葉酸不足に注意 妊娠1か月前から400μgのFolic acidを 妻が飲んでいた4つの商品を紹…

アメリカで妊活。排卵検査薬を買った男の話。

これを買いました。 Clearblue Advanced Digital Ovulation Test, Predictor Kit, Featuring Advanced Ovulation Tests with Digital Results, 20 Ovulation Tests 20回分で40ドルです。 Clearblue。 www.amazon.com 安くはありませんが、産婦人科医もオスス…

アメリカで妊活とダイエットをした男の話

夫35歳、妻34歳、結婚生活7年目は想定の範囲外のアメリカに住んでいました。 アメリカで発見。クラフトビールがうまい。 私のダイエット方法 世界の妊活? ダイエットの成果 アメリカで発見。クラフトビールがうまい。 仕事の都合でアメリカに引っ越してきて…